スマートフォン

スマートフォンは、インターネットとの親和性が高く、パソコンの機能をベースとして作られた多機能携帯電話・PHS。「スマフォ」、「スマホ」と略されることもある。グーグルの調査によると、2012年第1四半期における日本のスマートフォン普及率は20%。 高機能な携帯電話が普及している事が普及率を低調にしている原因とも言われている。また最もスマートフォンの普及率が高いのはシンガポールで62%となっている。 電話・メールの他にPDA機能が付いた多機能携帯電話であり、パソコンの特徴が取り入れられている携帯電話と表現されることもある。

カラーフィルタ

カラーフィルタは、サブ画素に対応させて、赤色 (R)・緑色 (G)・青色 (B) の光を透過させる着色層やブラック・マトリックス (BM) を基板上に配置し、保護膜で覆ったものである。この着色層は、液晶をはさむ2枚の基板の表側のカラーフィルタ基板に微細パターンで塗り付けられる「着色材」、又は「着色膜」であり、顔料系、又は染色料系のものが用いられる。BM層によって黒色表示時の光漏れと隣り合う着色材同士の混色を防ぎ、TFTへの光照射による光電流の発生も防止する。着色材の定着に感光材を用いるものは、着色材に混ぜられてそのまま定着する。0.1μm程の薄いBM層は金属クロムが多く、他にもカーボン、チタン、ニッケルの使用が試みられている。BM層の間には1.2μm程のBM層よりは厚みのある3色の着色層が一定のパターンで配置される。高精細の画面では着色層のパターンはストライプ配置が多いが、低精細度の画面ではデルタ配置が良好な画質の印象となる。
カラーフィルタは色素の吸収を利用して各サブ画素の通過光をR、G、Bの3つの基本色にして、加法混合方式で混色を作り出すことで中間色を含むカラー表示が実現する。各サブ画素の印加電圧を制御して画素ごとの混色による発色が可能になり、透過光を遮ることで黒を表現する。これがカラー液晶パネルの仕組みである。
カラーフィルタには高色純度と高透過性、耐光性や耐熱性、耐薬品性、平滑性、加工寸法の精度が求められる。180℃で1時間といった配向膜の焼成工程や低抵抗性ITOの成膜工程等での高温に耐える必要がある。同じく配向膜やITOの加工中での溶剤や洗浄剤に対する耐性が求められる。突起などがあるとセルギャップが一定に保てず、表示品質が悪くなる。カラーフィルタだけでも光の70%程度が失われて主に熱となり、残る約30%だけが通過できる。


  • 風評被害、誹謗中傷、逆SEO 対策インターネット上の誹謗中傷なら誹謗中傷ほったラインセンターにお任せ下さい。誹謗中傷ホットラインセンターでは、そのようなお悩みを解決するため、お客様のケースに応じて内容を徹底調査。問題解決に最適な方法をご提案し、対策を行います。 自分の名前や会社名で検索した時に、検索結果に誹謗中傷の内容を含むホームページが表示されてしまう場合などは、 検索順位対策(逆SEO対策)などの措置を行うことが有効ですが、ノウハウがない場合は対処が難しく逆に状態を悪化させてしまうことも少なくないため、専門の業者にご依頼を頂くことがお薦めです。
  • データ入力|大阪アクリエイションは波紋のように小さな会社から大きな力を発揮します
  • エンジニア派遣情報を見るなら派遣エンジニアセンター。ネットワークエンジニア専門の会社で、エンジニアとしてスキルアップ・キャリアアップした方や、他の業種からのキャリアチェンジを考えている方にはしっかりとサポートや研修・アドバイスをしてくれるのでお薦めです。
  • 個別指導 これで医学部に入学だ!講師は、全員東大生・国立大医学部生!「合格保証」付きの完全マンツーマン指導です。
  • 在庫管理システムの導入を検討している方は、バーコードストックのシステムはいかがですか。スマートフォン対応の最新システムで、導入することで在庫管理にかかっているコストが大幅削減の実績が多数あります。クラウド型のため、あなたがどこにいても在庫状況の把握が可能です。
  • オールドホンコンお客様のリクエストに香港スタイルで温かくお迎え致します!卓越した技術から作られる本格中国料理をご堪能下さい!


▲ページトップに戻る